2010年02月27日

<手掌多汗症>手術後、異常発汗で提訴、「説明不足」と患者(毎日新聞)

 手のひらに汗をかきやすい「手掌(しゅしょう)多汗症」の手術を受けたところ、別の部位から異常発汗するようになったとして、東京都墨田区の会社員男性(28)が25日、富山県高岡市の病院に約5000万円の賠償を求め東京地裁に提訴した。別の病院で同じ手術を受け同様の症状に苦しむ20代と30代の男性2人も近く、東京地裁に提訴する。

 訴えによると会社員男性は99年、脇の下の交感神経を切除する「胸腔(きょうくう)鏡下胸部交感神経切除術」(ETS)を受けたが、手から汗をかかなくなった代わりに、日常的に胸から下に大量の汗をかき、頭に熱がこもるなどの症状が出ているという。

 男性は「医師が副作用の可能性について、事前に十分な説明をしてくれていれば、手術を受けておらず、術前よりひどい症状に悩まされることはなかった」と主張している。

 同種の訴訟は関東地方などで相次いでいる。「術後の症状は相当に重く、医師は可能な限り事前説明をすべきだった」と病院側に賠償を命じた判決(東京高裁、09年4月)もある。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
無免許はり治療:肺傷つけ死亡 院長ら逮捕 大坂
無免許はり治療:大阪の副院長ら逮捕 肺損傷で主婦死亡
人工歯根:使い回しの疑いで歯科医院立ち入り検査 愛知
厚労省:「漢方」「はり」治療データ蓄積、人材育成を提言
厚労省:公共的空間での喫煙 「原則禁止」を通知

「撮り鉄」本格捜査へ 「犯罪行為」「タブー」 マナーめぐり論議(産経新聞)
女性への薬物譲渡「押尾被告に言い訳相談された」 友人初公判(産経新聞)
築地移転「時間多くない」 知事、新市場に改めて意欲 都議会開会(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>搭乗のシャトル打ち上げ延期 4月5日に(毎日新聞)
郵便不正公判、検察側やや守勢 24、25日にヤマ場の元係長尋問(産経新聞)
posted by スギムラ アキラ at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。