2010年01月19日

三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)

 鈴鹿市のJA鈴鹿本店で現金輸送車が襲われ2億1千万円が奪われた事件で、強盗幇助(ほうじょ)罪に問われた日本通運元社員、伊藤良樹被告(37)の判決公判が18日、津地裁であり、村田健二裁判長は「強盗を手際よく実行するために不可欠な情報を教え責任重大」として懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 執行猶予を付けた理由について村田裁判長は「犯行による利益を得ておらず、情報は断片的。会社を懲戒解雇され社会的制裁を受けている」と述べた。

 判決によると、現金輸送を請け負っていた日通に勤務していた伊藤被告は昨年3月、強盗目的と知りながら、鳥山征児被告(36)=強盗罪などで起訴=らに現金輸送方法やルート、現金の入った手提げ袋の色などを教えた。

【関連記事】
郵便局で500万円奪い男逃走 東京・江戸川
1470万円窃盗容疑で3人逮捕 佐賀の養鶏場事件
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
4件連続のコンビニ強盗事件で男逮捕 大阪府警
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ

参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)
「歌会始の儀」 両陛下や入選者の歌(産経新聞)
<八ッ場ダム>24日に会合 前原国交相と地元(毎日新聞)
ひたすら「適正処理」 言い逃れ繰り返す小沢氏 土地取引疑惑も強気崩さず (産経新聞)
日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)
posted by スギムラ アキラ at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。